企業をサイバーセキュリティのリスクから守る『OODAセキュリティ』 » 脆弱性診断(セキュリティ診断) » Webアプリケーション診断 » Webアプリケーション診断の目的

Webアプリケーション診断の目的

こちらの記事では、セキュリティ対策を行う上で知っておきたい、Webアプリケーション診断の目的と必要性についてまとめています。なぜ診断を行わなければならないのか知りたいと考えている方はぜひ確認してみてください。

Webアプリケーション診断の目的や必要性

Webアプリケーション診断は、OSやWebアプリケーションなどが悪用されるような脆弱性がないかをチェックするための診断です。この診断の活用によって、現在必要な対策が行えているかを確認できるため、企業の情報が漏洩するなどのリスクを軽減できます。

ちなみに脆弱性に対して何も対策を行わずに放置することによって、「データが盗聴されてしまうリスク」「ネットワークに侵入されてしまうリスク」「マルウェアに感染されてしまうリスク」など、さまざまなリスクが考えられます。

以上の点から、Webアプリケーション診断を行うことによって情報セキュリティに関する事故を防止するとともに、安全性が高いWebサイトやWebアプリケーションをユーザーへ提供することにつなげられます。現在サイバー攻撃は常に新たな手法が生まれている状況であり、攻撃の対象も変わり続けている現状があります。この点からも、外部からの攻撃に備えるために定期的にWebアプリケーション診断を行っていくことが大切といえるでしょう。

アルファネットの
Webアプリケーション診断項目を見る

Webアプリケーション診断について
詳しく見る

取材協力
株式会社アルファネット
多種多様な企業の状況に合わせ
セキュリティ対策を根本から支える

当ページの監修協力であるホワイトハッカーが所属する株式会社アルファネット。事務機器用品を中心とするカタログ通販サービス「たのめーる」が有名な大塚商会のグループ企業です。

大塚商会はコンピュータ・ネットワーク関連のシステムインテグレーション事業や、コンピュータ機器の保守、アウトソーシングのサービスも中核にしており、その中でアルファネットはサイバーセキュリティ対策の専門グループ企業として活躍しています。

巨大なデータベース・ネットワークを日々守り続けているのは、ホワイトハッカーの主導による正確な診断と、ツールによる包括的な診断によるもの。大塚商会のグループ企業や顧客を中心に、そのサービスを提供してきました。
またメール訓練など、社員育成の提供にも力を入れています。

提供するWeb
アプリケーション診断

Webサービスの動的ページに対し、外部から疑似攻撃

  • 攻撃手法
    SQLインジェクション/クロスサイトスクリプティングなど
  • 洗い出せる危険性
    Webサイトの機密情報漏えい/なりすまし/フィッシング被害/ネットショップサイトの価格改ざんなど

予算に合わせて診断対象を選定するプランもあるため、まずは問い合わせてみてください。

アルファネットの公式HPから
Webアプリケーション診断の
詳細を確認・価格を問い合わせ

電話で問い合わせる