企業をサイバーセキュリティのリスクから守る『OODAセキュリティ』 » 社員訓練で防げる情報セキュリティリスク » 標的型メール攻撃 » メールセキュリティ対策の必要性

メールセキュリティ対策の必要性

業務でメールを使用する場合には、「メールセキュリティ対策」が非常に重要です。そこでこちらの記事では、メールセキュリティ対策はなぜ必要なのか、という点についてまとめています。これからセキュリティ対策に取り組もうと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

フィッシングメールへの対策

「フィッシングメール」とは、不正なサイトへ誘導するメールのことをいいます。不正なサイトへ誘導するためのURLをメールの本文に記載しておくことによってユーザーをそのURLにアクセスさせ、パスワードやIDなどを盗もうとするものです。

このフィッシングメールも段々と手口が巧妙になってきており、金融機関など「ここなら大丈夫だろう」と思わせるような組織からのメールを装って送信されるものも増えています。この場合のURLのリンクをクリックすると、偽のログイン画面に移動し、そこからパスワードやID、クレジットカード情報などを入力させようとしてきます。 メールセキュリティ対策を行うことにより、このようなフィッシングメールへの対策も行えます。

標的型メール攻撃への対策

近頃「標的型メール攻撃」という名前を耳にすることが多くなってきた、という方も多いのではないでしょうか。これは、特定の企業や会社をターゲットとしてメールを送信し、URLにアクセスさせたり添付ファイルを開かせることによって不正プログラムを用いて情報を盗み出す、というものです。

こちらの標的型メール攻撃により、個人情報が流出してしまった事例も多くあります。このような事態を防ぐためにも、メールセキュリティ対策を行うことは非常に重要といえるでしょう。

人為的なミスによる情報漏洩への対策

メールを利用している場合、人が操作するものであるために人為的なミスの可能性はどうしてもゼロにはできません。メールの誤送信として挙げられるのが、「送信先のアドレスを間違える」「送信予定ではない情報を送信する」という2種類に分かれます。

このようなミスによる情報漏洩を減らすためには、社員教育を行っていくことが大切です。例えば、メールを送信する際の確認ルールを取り決め、徹底してメールセキュリティを高めるという方法もあります。また、不審なメールが届いた際にも開かないようにする、という教育を行うことにより、情報漏洩の可能性を減らせるでしょう。

標的型メール攻撃とは?
原因や見分け方・対策を
詳しく見る

取材協力
株式会社アルファネット
多種多様な企業の状況に合わせ
セキュリティ対策を根本から支える

当ページの監修協力であるホワイトハッカーが所属する株式会社アルファネット。事務機器用品を中心とするカタログ通販サービス「たのめーる」が有名な大塚商会のグループ企業です。

大塚商会はコンピュータ・ネットワーク関連のシステムインテグレーション事業や、コンピュータ機器の保守、アウトソーシングのサービスも中核にしており、その中でアルファネットはサイバーセキュリティ対策の専門グループ企業として活躍しています。

巨大なデータベース・ネットワークを日々守り続けているのは、ホワイトハッカーの主導による正確な診断と、ツールによる包括的な診断によるもの。大塚商会のグループ企業や顧客を中心に、そのサービスを提供してきました。
またメール訓練など、社員育成の提供にも力を入れています。

提供する標的型メール訓練

アルファネットが提供するのは委託型サービス!

  • 対象者への擬似的な不審メール送付
  • 開封結果の取りまとめ
  • 結果状況に応じて教育・研修を実施

メール形式やテンプレート、差出人などカスタマイズが可能です。
対象者の人数や送信回数によって価格が変わるため、まずは問い合わせてみてください。

問い合わせをされた方には
\「5分でわかる標的型メール攻撃(初級編)」をプレゼント/

アルファネットの公式HPで
標的型メール訓練の詳細確認・価格を問い合わせ

電話で問い合わせる